※当サイトではアフィリエイトリンク広告を利用しています

iPhone iPad

【2023年版】iPhone12miniにおすすめのケース「小さい」を最大限に活かすならこれ!

小さなサイズ感が好きで長く愛用しているiPhone12miniですが、今回購入した超薄型ケースがかなり満足できる物だったので紹介します。ケースとガラスフィルムは定期的に変えるんですが、やっぱり12miniを最大限に生かすには「超薄型ケース」です。ということで購入したのが「0.3mm超薄型ケース」です。ついでに「日本旭硝子の9Hガラスフィルム」も一緒に購入しました。

ケースは調べる限り0.3mmが最薄級だったのとガラスフィルムは高透過率でガイド枠付きを選んで決めました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,800 (2024/03/03 05:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

0.3mm超薄型ケース

だいぶ年季のある筆者のiPhone12miniをリニューアルしていきたいと思います。

画像はケースを変える前のiPhone12miniです。

新品の超薄型ケースに変えていきます。

手触りはサラサラでマットな質感です。指紋が目立つこともなく見た目は綺麗。

重さは約5.3gとかなり軽量となっています。

実際に装着し、持ってみると本当に薄いのが分かります。

装着は音量ボタン→電源ボタンの順にいくと簡単です。

サイドボタンなど突起がある部分も違和感なく押せる感じ。

真上から見るとケースの厚さがほとんど分からないほどです。

ちゃんとAppleマークも透けて見せれるので見た目も損なわないのが〇

ケースを変えて実際に手に持った感じは「12miniってこんな小さかったっけ?」と感じるほど。本来の12miniのコンパクトな持ちやすさを維持できるので大変満足しています。

気になる強度ですが、耐久性の高いポリカーボネート素材で出来いる為、安心して使えます。レンズ部分は高さ0.5mmで設計されているのも安心ですが、さすがにこの薄さなのでなるべく落とさないようにちょっとだけ気を遣うかもしれません。

高透過率ガイド枠付きガラスフィルム

閲覧注意レベルのガラスフィルムですが、こちらも新品に張り替えていきます。

購入したガラスフィルムはガイド枠が1つ、フィルム本体とウェットシート、ドライシートが2組セットで同梱されています。

同梱されているウェットシートで画面を切れに拭いたらドライシートで水分を取ります。綺麗な状態に出来たらガイド枠を装着します。

ガイド枠があるとガラスフィルムを張るのがめちゃくちゃ簡単で張り直しする事が無くて安心です。。

ガイド枠にはめてガラスフィルムを張ると初めは小さな気泡が残りますがちゃんと消えるので大丈夫です。

ガラスフィルムに残った小さな気泡は時間がたつと消えて無くなりました。

まとめ

長年愛用してきたiPhone12miniが一新されて新品のように綺麗になり、0.3mm超薄型ケースのおかげで本来のコンパクトな持ちやすさが戻りました。

筆者と同じようにiPhone12miniを使っている方は本来の持ちやすさが発揮できる超薄型ケースがおすすめです。

スマホが綺麗になると使っていても気持ちがいいものです。

スポンサーリンク

-iPhone iPad
-